脱サラ準備Are you O.K.?

脱サラして社畜から開放される前の儀式。

*

女の脱サラ事情

   

脱サラというと男性サラリーマンの印象が多いですね。

でも女性も脱サラはあります。脱OL?

しかし女性の場合、男性よりも脱サラは難しくなります。やはり女性が一人で仕事をしていくには、結婚や子育てなどのこともあり、なかなか大変です。

男性の場合は仕事一本で他を犠牲にしてでもできる人がいますが、女性の場合そこまで投げ打つのは至難の業。

だからでしょうか。女性の脱サラの場合、自宅で開業できるようなフリーランスになる人が多いですね。

例えばネイリスト。これなんか自宅で開業してうまくやっている女性もいますし、給料面で満足できるかは別としてどこかのお店に勤めることもできますし、これは男性では到底無理な話ですからね。

あとは自分のショップを開く女性もいます。ただこれも資金面でかなり苦労します。

男性に比べて女性のほうが経営センスというか、経営に携わってきた、どこか近くで見てきたという時間が少ないため、資金計画が甘い人も見受けられます。逆に男性はなまじ経験や知識があるせいで、自分の考えを過大評価してドツボにハマる人が多いんですけどね。どっちにしても資金面ではかなり苦労します。

中にはネットでパソコンひとつで稼いでいる人もいます。

イラストレーターになった人、WEBデザイナーになった人、はたまた変わり種では、インターネット上のキャバクラ嬢になったという人も(これについてはメールレディという職業もあります。詳しくはこちらを参照)。

なにをやるにしても、女性の場合は男性より元々のお給料が低いことが多いため、なかなかフリーランスになる資金が貯まりませんね。女性同士のお付き合いも結構お金が飛んでいきますし。

こんなことを言ってはなんなのですが、もうやめたい!と思ったら、自分よりまだひどい環境の女性を探してみてください。いい方法とは言いませんが、あなたよりもっと我慢している女性がすぐに見つかると思います。我慢してお金貯めて脱サラするんだ!そういったバイタリティーにうまく変換していきたいですね。

 - 事前知識