脱サラ準備Are you O.K.?

脱サラして社畜から開放される前の儀式。

*

脱サラに失敗したらどうなる?

      2015/07/07

脱サラ前にとても気になること、でも考えたくないことの一つが「失敗したらどうなるか?」ですよね。
しかし分かっていることと思いますが、これはちゃんと考えておかなければならないことです。

何故なら、これを考えておくかおかないかで、心構えに違いが出るからです。
つまり危機感が強いほうが頑張れるということです。
決して後ろ向きに考えろということではなく、それがどんなに大変なことかをしっかり把握しておくことで「絶対にそうならないように」という気持ちも強くなりますし、そうならないための回避力も強くなるのです。

では実際に失敗したらどうなるのでしょう?

・設備投資などで借金をしている場合は返済が滞り、場合によっては差し押さえが起こる
・借金返済が滞ると社会的信用を失い、その後の教育ローンや自動車ローンなどさえ通らなくなる可能性がある
・新たな職探しをしなければならない
・次の仕事が見つかるまでの生活が不安定なものになる
・場合によっては離婚など家庭生活が破綻する危険がある
・たとえ自己破産したとしても、その後も返済しなければならない借金もありうる

パッと考えただけでもこんなことが起こりえます。
やはりどうしても金銭的な問題が大きく出てきますよね。

そして金銭的な事が原因でさまざまな人間関係や社会的立場まで影響が出てきてしまいます。

設備投資をしてなければ借金は出来ないと思ったらそんなことはありません。
例えば株などの投資にしても元手がなければ投資できませんから、負けが続けば自然と借金しなければ次の利益に繋がらなくなります。
事務所など持たないフリーランスのプログラマーにしても、仕事がなければ生活費を何とかしなければなりませんから借金に手を出す人もいます。

そしてそれらが原因で友人関係・家族関係まで破綻してしまうケースもあります。
自分に限ってと誰もが思いますが、では金銭的に行き詰まった時に自分はどのようにして乗り切るかを考えてみてください。

そして借金を借金で返済する自転車操業が始まったら、それはもう終焉へのカウントダウンが始まっているのです。

 - 事前知識